水耕栽培装置の自作コーナー ため太郎 2号

独自の技術による 「植物根への強制酸素供給」 により 「早い成長と大きな収穫」 を可能にしました

 「ため太郎 シリーズ」は当サイトだけの独占販売商品です!  安心の代引き手数料無料♪  ご注文はこちら 

Top Page
■ 商品一覧 ■
水耕栽培装置 ため太郎シリーズ
line
国内初 噴霧式
AEROPONICS 方式
ため太郎 AERO
噴霧式 水耕栽培システム ため太郎 AERO(エアロ)
line
国内初
強制曝気方式採用
ドリップ式
ため太郎 Drip
水耕栽培システム ため太郎 Drip(ドリップ)
line
水気耕栽培装置
国内初
噴射式水耕栽培
ため太郎 JET
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET(ジェット)
ため太郎 JET-6
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET-6(ジェット-6)
line
ため太郎 PRO
水耕栽培セット ため太郎 PRO(プロ)
line
鑑賞用 飼育水槽
ため太郎サテライト
植物観賞用水耕栽培装置 ため太郎 サテライト
line
魚を飼育できる
ため太郎 Aqua
(受注停止中)
line
参考掲載 (非売品)
 ため太郎専用
   底面フィルター
line
ご質問にお答えします
[ため太郎 Q&A]
水耕栽培 ため太郎シリーズ Q&A
line
自作コーナー
水耕栽培器の自作
フロートの改造方法
メタハラ照明の自作
line
att組立式簡易温室
line
外部参考リンク集
line
ご注文
ご注文はこちら
特商法に基づく表示
line
お問い合わせはこちら
Java Applet & Script for after Microsoft IE4.xx
Since:05/01/1997
サイト内検索

水耕栽培装置 「ため太郎 2号」 の作り方

「ため太郎 1号」の作り方はこちら
  1. 自作で一番難しい「天板加工」の必要が無い、やさしい設計です。
    容器内の培地が培養水への「遮光」の役割を果たし、培養水中の藻の発生を抑えることができます。
  2. 趣味の園芸でも気軽に楽しめるように、制作費は徹底的なローコストです。
  3. 水位計による水位調整で水気耕栽培独自の「培養空間」(培養水面と培地底の間に存在する一定のエアーレーション空間)を設定できます。また、エアーポンプを使用して培養水に酸素を供給をすることにより、水の腐敗による悪臭や根腐れの心配がありません。
    [参考] A-56 根が水に浸かった状態の水耕栽培で、なぜ根腐れは起こらないのですか?
  4. ご使用方法は、適切な液肥濃度の培養水を容器内に注入し、電源にポンプをつなぐだけです。
    セッティング当初の培養水の水位は、培地表面が乾かない程度まで水位を上げて「発根」を促してください。
    数週間後、根が完全に生え揃った時点で水位を下げると本格的な水気耕栽培が始まります。
    [参考] A-02 液肥を与える間隔はどれぐらいでしょうか?
  5. 貯水容量が多いので、培養水補給間隔が長くメンテナンスが楽です。

完成写真

「ため太郎 2号」 制作費 (2,160円)
水耕栽培装置の自作-「ため太郎 2号」
※内部が見えるように培地を入れていますが、実際の使用時には培地を敷き詰めます。
■培地はハイドロコーン (日向軽石中粒でも可能)
[参考] 上記の培地はそれぞれの製造・精製過程で摂氏300度を超える高熱処理の工程があり、水耕栽培に特に適しているとされる「無菌培地」です。
制作費には「100円未満の小物」と「培地」の費用は含みません。「100円未満の小物」は購入時の「ロット(数)」により単価が大きく変わる上、代用品で間に合うケースも多いようです。また、培地の価格は種類によって千差万別であり、制作費の構成要素として合算すると、使用培地によっては大きな価格差が生じる可能性があります。


材料

水耕栽培装置の自作-工具箱 工具箱 (購入価格 680円)

容量 約13L (材質 ポリプロピレン)
サイズ(外寸) W443×D295×H159mm
サイズ(内寸) W365×D245×H140mm

■市販の同等品なら他の商品でもOKです。栽培中の移動の事を考えると大きさもこれくらいが適当だと思われます。
なお、本体が白色系の「衣装ケース」は遮光性が低く、藻の大量発生が起こるので使えません。また、紫外線による材質変化(劣化)にも弱いようです。
水耕栽培装置の自作-鳥よけネット 鳥よけネット (購入価格 100円×4枚=400円)

材質 ポリエチレン
幅49×奥行11.2×高さ6(cm)×4枚使用

■100円ショップで購入しました。ホームセンターでも入手可能ですが価格は高いようです。工作には色違いのグリーンも使いました。
水耕栽培装置の自作-樹脂製鉢底ネット 樹脂製鉢底ネット (購入価格 100円)

■100円ショップで購入しました。ホームセンターの園芸コーナーでも、240円程度(1m×50cm)で切り売りしています。
水耕栽培装置の自作-ハイドロカルチャー用水位計 (L) ハイドロカルチャー用水位計 (L) (購入価格 300円)

アイリスオーヤマ製

■高価ですが培地に隠れた「地下水位」を知るために必要です。たまに手入れをすることによって半永久的に使用できます。
水耕栽培装置の自作-エアーポンプセット エアーポンプセット (購入価格 680円)

株式会社 ニッソー製
「観賞魚水槽用エアーポンプ AWA104」 品番 NPA-020
逆流防止バルブ・エアーストーン付き(共に必需品です)

■信頼のおける老舗メーカーです。このセットでこの価格は驚きでした。当然、市販の同等品なら他の商品でもOKです。
水耕栽培装置の自作-結束バンド 結束バンド (単価 100円未満につき未合算)

■12本使用しました。この部品は「水没」するため、紐や針金で代用はできません。
※100円ショップで販売しています。
水耕栽培装置の自作-その他小物 その他小物 (単価 100円未満につき未合算)

1.エアーチューブ 60cm
(組み立て時に「逆流防止バルブ」を挿入するため切断します)

2.エアーポンプ共振防止用スポンジテープ(隙間テープ)
(台所のスポンジを小さく切って輪ゴムで止めると代用可能です)

3.エアーストーン固定用 キスゴム
(エアーストーンの振動がなければ無くてもかまいません)

4.エアーポンプ吊り下げ用 S型フック
(紐や針金、細めの結束バンド等で代用可能です)

※似たような商品は100円ショップでも販売しています。


作り方

水耕栽培装置の自作-鳥よけネットの切断 1.鳥よけネットの切断

工具箱の内寸長辺(横幅)に合わせてハサミで切断します。
4枚とも同じサイズで加工し、上からの培地や植物の重量を支えるため、二枚一組で使用します。

■コーナー部分はわずかに斜めに切り落とし整形します。

■写真右側(グリーン)の鳥よけネット(天板用)には、すでに「鉢底ネット」を取り付けています。
水耕栽培装置の自作-鉢底ネットの切断 2.鉢底ネットの切断

工具箱の内寸に合わせて、ハサミで切断します。
鉢底ネットと容器の間に隙間ができると、そこから培地が落下するので壁際に隙間ができないように切断します。

■コーナー部分はわずかに斜めに切り落とし整形します。
水耕栽培装置の自作-鉢底ネットの取り付け (全体写真) 3.鉢底ネットの取り付け (全体写真)

裏側から「結束バンド」で12ヶ所を固定します。

■結束箇所は「12ヶ所」にこだわりません。多い方が丈夫になります。
水耕栽培装置の自作-鉢底ネットの取り付け (拡大写真) 4.鉢底ネットの取り付け (拡大写真)

「結束バンド」が干渉し合わない様に止める位置を少しずらします。
水耕栽培装置の自作-水位計取り付け用のコーナーの切り欠き 5.水位計取り付け用のコーナーの切り欠き

結束バンドで固定後の「鳥よけネット」と「鉢底ネット」を重ねた状態で、コーナーを1ヶ所切り落とします。

■切り欠きは水位計が固定できるように小さめに切り落とします。
この写真では右上を切り落としました。
水耕栽培装置の自作-穴あけ加工 6.工具箱の穴あけ

工具箱上部中央に「エアーポンプ吊り下げ用 S型フック」用の小穴を開けます。(ポンプを吊り下げない場合は必要なし)

■ヒント:
小穴を開ける適当な道具が無い場合は、細めの「半田ごて」か、ガスレンジで先端を熱したドライバー等で溶かしてください。
水耕栽培装置の自作-エアーポンプ共振防止用スポンジテープの接着 7.スポンジテープの接着

エアーポンプ背面に「エアーポンプ共振防止用スポンジテープ(隙間テープ)」を貼り付けます。(ポンプを吊り下げない場合は必要なし)

■ヒント:
お手元に適当な「隙間テープ」の切れ端が無い場合は、台所のスポンジを小さく切って、中央部を輪ゴムで止めると代用可能です。
水耕栽培装置の自作-エアーポンプの接続 8.エアーポンプの接続

「エアーポンプ吊り下げ用 S型フック」でエアーポンプを工具箱に取り付けます。

接続の順番は以下のとおりです。

エアーポンプ→短いエアーチューブ→「逆流防止バルブ」(方向性あり)→長いエアーチューブ→エアーストーン固定用 キスゴムを通して→エアーストーン
水耕栽培装置の自作-鳥よけネット(底用)の配置 9.鳥よけネット(底用)の設置

「鳥よけネット(底用)」を設置し、エアーストーンを中央に配置します。固定用キスゴムは必ずしも必要ではありません。
水耕栽培装置の自作-鳥よけネット(天板用)の配置 10.鳥よけネット(天板用)の設置

最後に「鉢底ネット」を固定した「鳥よけネット(天板用)」をかぶせ、隅の切り欠きに水位計を底まで差し込んで完成です。

重要:水位の確認作業
培地をセットする前に水を入れ、水位計の各目盛りと実際の水位の関係を記録しておくと、培地導入後の「地下水位」の正確な把握ができます。

■商品一覧■ -Top Page-[ため太郎 サテライト][ため太郎 PRO]噴霧式 [ため太郎 AERO]ドリップ式 [ため太郎 Drip]噴射式 [ため太郎 JET]噴射式 [ため太郎 JET-6][ため太郎 Aqua]質問コーナー [ため太郎 Q&A]外部参考リンク集[ため太郎専用 底面フィルター]自作コーナー [水耕栽培器の自作]自作コーナー [フロートの改造方法]自作コーナー [メタハラ照明の自作]組立式簡易温室特商法に基づく表示(個人情報について)ご注文はこちら

水耕栽培の疑問は「ため太郎 Q&A」をご覧下さい。水気耕栽培とエアロポニックス(AEROPONICS)の仕組みも解説しています。