水耕栽培セット ため太郎 PRO(プロ)

独自の技術による 「植物根への強制酸素供給」 により 「早い成長と大きな収穫」 を可能にしました

 「ため太郎 シリーズ」は当サイトだけの独占販売商品です!  安心の代引き手数料無料♪  ご注文はこちら 

Top Page
■ 商品一覧 ■
水耕栽培装置 ため太郎シリーズ
line
国内初 噴霧式
AEROPONICS 方式
ため太郎 AERO
噴霧式 水耕栽培システム ため太郎 AERO(エアロ)
line
国内初
強制曝気方式採用
ドリップ式
ため太郎 Drip
水耕栽培システム ため太郎 Drip(ドリップ)
line
水気耕栽培装置
国内初
噴射式水耕栽培
ため太郎 JET
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET(ジェット)
ため太郎 JET-6
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET-6(ジェット-6)
line
ため太郎 PRO
水耕栽培セット ため太郎 PRO(プロ)
line
鑑賞用 飼育水槽
ため太郎サテライト
植物観賞用水耕栽培装置 ため太郎 サテライト
line
魚を飼育できる
ため太郎 Aqua
(受注停止中)
line
参考掲載 (非売品)
 ため太郎専用
   底面フィルター
line
ご質問にお答えします
[ため太郎 Q&A]
水耕栽培 ため太郎シリーズ Q&A
line
自作コーナー
水耕栽培器の自作
フロートの改造方法
メタハラ照明の自作
line
att組立式簡易温室
line
外部参考リンク集
line
ご注文
ご注文はこちら
特商法に基づく表示
line
お問い合わせはこちら
Java Applet & Script for after Microsoft IE4.xx
Since:05/01/1997
サイト内検索

水耕栽培セット「ため太郎 PRO(プロ)」のタイトル PRO(プロ)

ハイドロカルチャー用インナーポット採用

植え替えがしやすい 「ため太郎」 の改良型
※ご注意:本機はシリーズ中唯一の小型器で大型の植物栽培はできません

水耕栽培セット「ため太郎 PRO(プロ)」
水耕栽培セット「ため太郎 PRO(プロ)」

水耕栽培セット「ため太郎 PRO(プロ)」のコレクションプランター
(写真の植物は付属しません)

ハイドロカルチャー用「コレクションプランター」にも最適


販売価格 8,000 (税込・送料別) 代引き手数料無料 
使用方法に関するユーザーサポートは無期限です ご注文はこちらからどうぞ

[ ため太郎 PRO 仕様 ]
本体サイズ (色) 幅 45cm×奥行き 22cm×高さ 23cm (茶)  白色プランターは販売終了
栽培設置重量 約 12kg (養液充填時・栽培植物は除く)
有効養液量 約 10L
エアー吐出量 毎分 1.2L (コード長 45cm)
電源・消費電力 100V・50/60HZ 約 1.3W (電気代 約 22円/月)
梱包セット内容 ■買った日からすぐに使えます。種(苗)と水だけご用意下さい。
加工済みプランター・加工済み天板(3cm厚 高圧縮型強化スチロールパネル)・インナーポット(ハイドロカルチャー用2号鉢×5個)・エアーポンプ・ポンプ固定具・エアーストーン・エアーチューブ・水位計・水位計ストッパー用Oリング・外部エアーポンプ取り付け用S字金具(ステンレス製)・外部エアーポンプ防振用スポンジテープ(両面テープ付き)・液肥
※1培地用日向軽石・※2取扱説明書
※1日向軽石は「摂氏300度乾燥滅菌処理済」の商品です。100%乾燥をすれば水分を吸いにくくなるので、80%乾燥で水分を含みやすい状態になっています。袋の内側に露が付くのは80%乾燥のためです。
※2「ため太郎 シリーズ」の取扱説明書は共通です。適宜、読み替えてご使用ください。
(各部品は改良のため予告無しに変更する場合があります)


 謹告:平成26年10月出荷分から「インナーポット」の色がブラウン(左)からグリーン(右)に変更されました。
 水耕栽培装置・インナーポットの変更

「ため太郎 PRO」を使用したハーブの栽培例

室内キッチン・ガーデニング


栽培環境: (冬季・日照は南向きの出窓においてカーテンレース越しの木漏れ日)
水耕栽培セット ハーブの栽培
前列左から スペアミント/ローズマリー/ダイヤーズカモミール/ 後列左から イタリアンパセリ/スイートバジル

水耕栽培セット ハーブの発根

土株ポットの苗を植替え後、7日間で一気に発根しました。元気が良い成長は水気耕栽培の特徴です。


「ため太郎 PRO」の概要  (栽培方法や基本性能は 「ため太郎」 と同じです)

「ため太郎」の角型植え込みカゴは、寄せ植えには適していますが「部分植え替え」に時間がかかりました。
「ため太郎 PRO」では独立した円型ポットを5個配置し、植え替えの作業性が向上しました。

「ため太郎」と 「ため太郎 PRO」の製品上の違いは、植え込みカゴの形状が違うだけで基本性能や使用方法は同じです。 「ため太郎 PRO」の特徴と機能は、下図「ため太郎」 の特徴と機能に加えて、以下の6点が追加されています。

[ ため太郎 ] と [ ため太郎 PRO ] の相違点
※ 構造上の相違点は「加工済み天板」の形状と「栽培ポット」の違いだけで、栽培効果は同じです。
1. 年間を通しての輪作や、挿し芽・挿し木、発芽 等、柔軟な栽培ができます。
2. キッチンガーデニングの際、成長度合いによって収穫・再栽培がポット単位で手軽に行えます。
3. 成長し過ぎたり、枯れたりした植物の「部分植え替え」が簡単に行えます。
4. 花の色や大きさに応じてポットの差し替えが自由にできます。
5. ハイドロカルチャー取り扱い店での「店頭デモ」や「商品管理」に使用できます。
6. 内蔵養液量が「ため太郎」の9L から10L に増量したので、養液水質の安定性が約10%向上。
「ため太郎 PRO」に付属のインナーポットは、市場流通量が最も多く汎用性の高いハイドロカルチャー 2号鉢用インナーポット」です。サイズは口径 60mm・高さ 50mm (容量 約 88cc) 色はチャコールブラウンです。

「ため太郎」の特徴と機能

水耕栽培セット「ため太郎 PRO(プロ)」のしくみ
水気耕栽培の説明図

本装置は水気耕栽培方式を導入しています
水気耕栽培」とは養液と植え込みカゴの間に一定の空間を設定し、エアーレーションによる気泡を根に直接放射し、強制的に養液と酸素を供給します。
この方式により、養液や水中の根に対してもエアーレーションの効果があり、水の腐敗による悪臭や根腐れの心配も無く、耐病性も著しく向上します。

本装置は土を一切使わず「水と空気と液肥」のみで育てるのでとても清潔です
土特有の臭気や雑菌・怪しげな土中生物・植物病・根腐れから完全に解放されます。特に、最近問題になっている「管理の悪い腐葉土」に発生し、時として死に至るようなレジオネラ菌の発生の心配もありません。

本装置はメンテナンスフリーです。夏場でも毎日の「水やり」から解放されます
栽培面積に対して、過ぎたるとも思える大量の養液を内蔵しているため、急激な温度変化や水質変化に対して優れた緩衝性を持っています。
メンテナンスフリーなので店舗や事務所のインテリアにも最適です。通常のメンテナンスは夏場でも1週間に一度程度の養液補充だけなので、初心者の方でも安心して栽培ができます。(※栽培対象植物により条件は変わります)
また、寒冷地での冬季栽培には適切な養液温度を維持するため「熱帯魚用簡易オートヒーター」が使用できます。

本装置は美観や作業性に優れたオールインワン(一体型)です
エアーポンプを本体上部に固定しているため、ポンプやエアーチューブが邪魔になりません。
オールインワン方式のため移動やメンテナンスも容易であり、美観や作業性も著しく向上しています。

本装置は根菜類以外なら何でも栽培できます
観葉植物からお花、野菜、ハーブ、球根類まで本装置の大きさと日照条件さえ適合すればどんな植物でも栽培できます。
液肥は安価な一般市販品の使用が可能です。栽培対象植物に合った液肥をご使用ください。

本装置で「室内キッチン・ガーデニング」が実現できます
ハーブや貝割れ大根、ミツバ、クレソンなどの種を蒔けば、無農薬のお台所専用「室内ミニ自家菜園」が実現可能です。養液を満たした状態でも総重量は約11kg ですので持ち運びもできます。

本装置は音が非常に静かで、発生するエアーは強力です
かなりの騒音を伴う、市販の大がかりで高価な「屋外用水耕栽培装置」のような複雑な水流システムや自動給水システム、間歇(かんけつ)式の曝気(ばっき)法などは一切使用していません。
また、エアーポンプは家庭用電源を使用していますので、ソーラー式のように夜間や曇天に停止したり、役に立たない非力なエアーではありません。
エアーポンプの消費電力は1.3Wですので電気代は24時間稼動でも一ヶ月22円程度です。

本装置は水の逆流による水漏れ事故がありません
エアーポンプの位置が常に水面より上にあるので、停電・移動などによるポンプ停止時でも逆流による水漏れ事故はありません。
エアーポンプは低騒音・低消費電力・防滴型の高性能タイプを使用し、エアーストーンは目詰まりの心配が少ない直径5センチの大型を採用しています。

本装置の天板は強固な30mm厚の「高圧縮型強化スチロールパネル」を使用しています
発泡スチロール特有の「蜂の巣模様」や軟弱性はありません。

本装置の培養床は栽培目的に合わせて自由に工夫できます
培養床(培地)は栽培目的に合わせて、付属の日向軽石(小粒)以外にも、イソライトやロックウール、ミズゴケ、観賞魚フィルター用グラスウールなどが使用できます。培養床に使える素材としては以下の四つの条件がそろえば何でも使用できます。(腐葉土は水質を悪化させるので使用できません)

1.養液の水質を悪化させる成分を含まない素材
2.成長した植物が倒れないように根元の支持ができる質量(重さ)がある素材
3.根が成長できる隙間を確保できる素材
4.保湿機能があり、なおかつ腐敗しない素材
■「赤玉土」や「鹿沼土」は養液の水質を悪化させますので使用できません。
■「大磯砂」や「ガラス片」・「ビー玉」等は保湿機能が無いので使用できません。
■「キッチンタオル」や「ティッシュペーパー類」は腐敗するので使用できません。



ご使用上の注意

本装置はバルコニーや温室などの屋外でも電源さえあれば使用できますが、以下の二つの理由から水のかかる場所では使用できません。

  1. 電器製品(エアーポンプ)を使用しておりますので本体に雨や水が直接かかる場所では使用できません。本製品のエアーポンプは「防滴型」ですが「防水型」ではありません。
    万一、水没させた時は使用を中止してください。
  2. 本装置は一定の液肥濃度や、養液の水面と植え込みカゴの底との間に一定の培養空間が必要なので、水位が突然増える環境では使用できません。

 使用できない場所の具体例としては「強い雨の吹き込むバルコニー」・「園芸用スプリンクラーの設置してある温室」・「浴室」等です。
特に浴室の設置は絶対にやめてください。重大な事故につながる恐れがあります。


本装置の栽培例

本装置はハイドロカルチャー専用の「コレクションプランター」にも最適です。
アイデアや工夫次第で用途は広がります。いろいろ挑戦してみてください。

水耕栽培セット「ため太郎 PRO(プロ)」
水耕栽培セット「ため太郎 PRO(プロ)」


1.観葉植物やハイドロカルチャーの水気耕栽培
■栽培例 (観葉植物7種)■
※ご注意:下は販売を終了した「ため太郎」の栽培写真です
水耕栽培セット 観葉-1
水耕栽培セット「ため太郎」の栽培例(1)
水耕栽培セット 観葉-2
水耕栽培セット「ため太郎」の栽培例(2)
30日後 ⇒
 培養床は付属の日向軽石(小粒)

本装置の使用例のひとつとしてハイドロカルチャーが面白いかと思います。
ハイドロカルチャーは良く考えられた栽培法なのですが、あくまでも「水気耕栽培」では無く「水耕栽培」だと思われます。「水耕栽培」の定義を広げれば、球根植物の水栽培やサツマイモの切り端をコップの水につけて芽を出して楽しむ方法も「水耕栽培」です。
しかし、この栽培方法では養液や水中の根に対する強制的な酸素供給が行われませんので、こまめな水換えをするか、根腐れ防止剤を使用しない限り「根腐れ(水腐れ)」の問題から永久に解放されません。
初心者の方はまずハイドロカルチャーから始めてください。思いがけない植物の成長が期待できます。

なお、小型の観葉植物であれば純正品の「ハイドロカルチャー」を購入しなくても、汎用品(土株ポット)を植え替えて楽しむことができます。

謹告:以下の栽培写真を含む過去の装置は、ポンプ固定具に「角型ホルダ」を使用していますが、現在の販売商品には柔軟性が高く、ポンプを隠すことができる「クリップ型」に変更されています。
2.季節のお花や野菜、ハーブ、果物などの水気耕栽培
■栽培例 (青じそ)■
※ご注意:下は販売を終了した「ため太郎」の栽培写真です
水耕栽培セット 青じそ-1
水耕栽培@ 2日後
水耕栽培セット 青じそ-2
水耕栽培A 5日後
水耕栽培セット 青じそ-3
水耕栽培B 7日後
水耕栽培セット 青じそ-4
水耕栽培C 14日後
 培養床は鑑賞魚水槽 フィルター用グラスウール (脱脂綿は腐敗しますので使えません)

果実が実り重くなる植物には、園芸用の支柱かフェンスを用意し、植物の重量を支える準備をしてから、日照条件の良い所に設置すれば「ミニトマトのミニ巨大栽培(?)」も可能です。

3.お台所専用の「室内キッチン・ガーデニング」 (発芽システムにも転用可能)
■栽培例 (春菊〜菊菜)■
※ご注意:下は販売を終了した「ため太郎」の栽培写真です
水耕栽培セット 春菊-1
水耕栽培@ 2日後
水耕栽培セット 春菊-2
水耕栽培A 5日後
水耕栽培セット 春菊-3
水耕栽培B 14日後
水耕栽培セット 春菊-4
水耕栽培C 14日後の発根状態
 培養床は鑑賞魚水槽 フィルター用グラスウール (脱脂綿は腐敗しますので使えません)

ハーブや貝割れ大根、ミツバ、クレソンなどの種を蒔けば無農薬の「室内キッチン自家菜園」になります。大量の養液を内蔵しているので、種子はある程度密集して蒔いても問題はありません。適当な大きさになれば収穫して調理します。

同じ方法で野菜や大型ハーブ、お花などの「発芽システム」にもできます。なお、種子は発芽に必要な栄養分を保持していますので、発芽までは液肥の添加は必要ありません。
詳細は「ため太郎 Q&A」の A-10 種からの育成方法を教えてください。に記載しています。














■商品一覧■ -Top Page-[ため太郎 サテライト][ため太郎 PRO]噴霧式 [ため太郎 AERO]ドリップ式 [ため太郎 Drip]噴射式 [ため太郎 JET]噴射式 [ため太郎 JET-6][ため太郎 Aqua]質問コーナー [ため太郎 Q&A]外部参考リンク集[ため太郎専用 底面フィルター]自作コーナー [水耕栽培器の自作]自作コーナー [フロートの改造方法]自作コーナー [メタハラ照明の自作]組立式簡易温室特商法に基づく表示(個人情報について)ご注文はこちら

水耕栽培の疑問は「ため太郎 Q&A」をご覧下さい。水気耕栽培とエアロポニックス(AEROPONICS)の仕組みも解説しています。