水耕栽培システム ドリップ式 ため太郎 Drip(ドリップ)

独自の技術による 「植物根への強制酸素供給」 により 「早い成長と大きな収穫」 を可能にしました

 「ため太郎 シリーズ」は当サイトだけの独占販売商品です!  安心の代引き手数料無料♪  ご注文はこちら 

Top Page
■ 商品一覧 ■
水耕栽培装置 ため太郎シリーズ
line
国内初 噴霧式
AEROPONICS 方式
ため太郎 AERO
噴霧式 水耕栽培システム ため太郎 AERO(エアロ)
line
国内初
強制曝気方式採用
ドリップ式
ため太郎 Drip
水耕栽培システム ため太郎 Drip(ドリップ)
line
水気耕栽培装置
国内初
噴射式水耕栽培
ため太郎 JET
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET(ジェット)
ため太郎 JET-6
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET-6(ジェット-6)
line
ため太郎 PRO
水耕栽培セット ため太郎 PRO(プロ)
line
鑑賞用 飼育水槽
ため太郎サテライト
植物観賞用水耕栽培装置 ため太郎 サテライト
line
魚を飼育できる
ため太郎 Aqua
(受注停止中)
line
参考掲載 (非売品)
 ため太郎専用
   底面フィルター
line
ご質問にお答えします
[ため太郎 Q&A]
水耕栽培 ため太郎シリーズ Q&A
line
自作コーナー
水耕栽培器の自作
フロートの改造方法
メタハラ照明の自作
line
att組立式簡易温室
line
外部参考リンク集
line
ご注文
ご注文はこちら
特商法に基づく表示
line
お問い合わせはこちら
Java Applet & Script for after Microsoft IE4.xx
Since:05/01/1997
サイト内検索

国内初 強制 曝気(ばっき)方式採用 ドリップ式水耕栽培システム
※「曝気(ばっき)」とは、空気と養液とを人為的に接触させて酸素を供給する方法です

水耕栽培システム「ため太郎 Drip(ドリップ)」のタイトル Drip(ドリップ)
強力な酸素供給と養液供給を同時に行う「強制 曝気(ばっき)方式」採用
エアーポンプ方式とは比較にならない「高濃度溶存酸素量」を実現
植物根に「高濃度溶存酸素含有」の新鮮な培養液を速い周期で連続供給
栽培プランター用の穴開け加工は切り口が安全な「熱溶解方式」

ドリップ式 水耕栽培システム「ため太郎 Drip(ドリップ)」

水耕栽培システム「ため太郎 Drip (ドリップ)」

販売価格 18,000 (税込・送料別) 代引き手数料無料 
使用方法に関するユーザーサポートは無期限です ご注文はこちらからどうぞ

[ ため太郎 Drip (ドリップ) 仕様 ]
本体サイズ(色) 幅 44cm×奥行き 30cm×高さ 26cm (色:グリーン)
栽培設置重量 約 12kg (栽培植物は除く)
有効養液量 約 7L (容器総容量 約 24L)
標準栽培ベッド 付属ロックウール(10×10×10cm)×3個中 2個使用
養液噴出量 最大 260L/時(50Hz)・300L/時(60Hz)
ポンプ電源 100V・50/60Hz  コード長(1.5m)
消費電力 約 6W/50Hz  5W/60Hz (電気代 約 100円/月)
梱包セット内容 ■買った日からすぐに使えます。種(苗)と水だけご用意下さい。
加工済み本体容器(加工済み天板)・加工済み栽培プランター・ドイツ製揚水ポンプ(3年間保証)・ポンプ電源コード用絶縁ゴムブッシング(本体容器に取付け済み)・ドイツ製エルボーコネクター・散水アダプター・透明チューブ(2個)・散水チューブ(2本)・オーストラリア製注水ノズル(2本)・水位確認用フロート・フロート支持用ソケット(2個)・ソケット固定用ゴム(2個)・培地用ロックウール(3個)・米国製水耕栽培用粉末肥料(120g)・取り扱い説明書
(各部品は改良のため予告無しに変更する場合があります)


ドリップ式 水耕栽培システム「ため太郎 Drip(ドリップ)」の散水

「内部散水ユニット」からの強力な曝気(ばっき)

従来の「ドリップ式水耕栽培装置」は培養水に対して酸素供給の手段が無く、栽培ポット底面からの「わずかな落下水滴」で培養水水面を波立たせ、酸素を供給しようとしていました。そのため培養水の酸素不足(酸欠)が恒常的に起こり、一部の「ドリップ式栽培器」では「根腐れ」の大きな原因となっていました。

本装置は独自の「容器内散水システム」により、1台の揚水ポンプで強力な「酸素供給」と「養液供給」を同時に行い、培養水に対してエアーポンプ方式とは比較にならないほどの「高濃度溶存酸素量」を実現しました。
加えて、培地内の植物根に「高溶存酸素含有」の新鮮な培養水を速い周期で連続供給することができます。



水耕栽培装置・栽培プランターの変更

謹告:平成27年7月出荷分から栽培プランターの色がグレー(左)からホワイト(右)に変更されました



「ため太郎 Drip (ドリップ)」の栽培例


水耕栽培システム「ため太郎 Drip」の栽培例-1



「ミニトマト」の苗を植え付け後、わずか45日で背丈が180cmを超えました。
水耕栽培システム「ため太郎 Drip」の栽培例-2


土耕栽培と違い、植物根にとって何の障害も無い容器内では、一本の長さが1mを超える真っ白な「水耕根」が、とぐろを巻いて液肥成分を吸収しています。
この真っ白な「水耕根」が、極めて効率の良い「養分吸収」を行っています。
水耕栽培システム「ため太郎 Drip」の栽培例-3



[ ため太郎 Drip (ドリップ) ] の特徴と機能
通常のメンテナンスは夏場でも1週間に一度程度の養液補充だけなので、初心者の方でも安心して栽培ができます。(※栽培対象植物により条件は変わります)
根菜類や地下茎植物以外なら栽培対象植物の種類を問いません。種子の発芽からトマトやメロンまで栽培可能です。
付属の肥料は、水耕栽培に特に適した大手メーカー製の市販品を使用しています。
肥料が無くなった場合は、お近くのホームセンターや園芸店でお手軽に購入できます。
本体容器内では、土耕栽培では通常考えられないほどの「根の呼吸空間」が存在しています。
併せて、植物根に対して大量の「高濃度酸素含有養液」の強制的な供給が行われるため、成長速度や開花量・収穫高・耐病性が著しく向上します。水の腐敗による悪臭や根腐れの心配もありません。
また、土特有の臭気や雑菌・怪しげな土中生物・植物病・根腐れから完全に解放されます。
栽培ベッドには、通気性・保水性に定評のある「無菌ロックウール」を使用しているため「挿し芽・挿し木」などの高度な栽培方法も自由に行えます。
最大 毎時260L(50Hz)・300L(60Hz) の曝気(ばっき)を行うため、気化熱作用で夏場の養液水温の異常上昇が抑えられます。
冬季には市販の「観賞魚水槽用簡易ヒーター」が使えますので、寒冷地での養液凍結防止や植物根への温室効果も容易に得られます。この時は必ず「ヒーターケース」と併用してご使用ください。
天板をセットすると「散水音(シャワー音)」はほぼ遮断されます。加えて、揚水ポンプは静粛性と耐久性に定評のあるドイツ製を使用しているので、ほぼ無音です。



ロックウール設置のバリエーション

「加工済み栽培プランター」の底面には、付属のロックウール2個分を固定するスペースがあります。ロックウール周囲の隙間は直接注水した時のオーバーフロー用のスペースです。オーバーフローした水は本体容器内に落下するので室内使用時の水漏れの心配はありません。
付属のロックウールの組み合わせは、栽培対象植物に合わせて以下のような工夫ができます。
水耕栽培システム ロックウール-1 1.大きな植物一株栽培の組み合わせ

フィルム付きの1個を中央に配置し、別の1個のフィルムをはがしてカッターナイフで半分に切断し、裏面を上にして両脇に設置します。
両脇のロックウールは培養水への遮光(日照の遮断)のためのダミーで、栽培には使用できません。
「注水ノズル」は2本とも中央のブロックに差し込んでください。
水耕栽培システム ロックウール-2 2.中程度の植物二株栽培の組み合わせ (標準の使用法)

フィルム付きの2個を使用した通常の使用方法です。
一見、成長した植物が競合しそうな間隔ですが、本体容器内に根の培養空間が十分にあるため、成長にとっての問題はありません。「栽培プランター」上で、成長しすぎた枝や葉が気になれば、適宜、剪定の上、それぞれ左右方向に誘引作業を行ってください。
「注水ノズル」は左右のブロックに振り分けて差し込んでください。
水耕栽培システム ロックウール-3 3.小さな植物の集団栽培や、種子の発芽・挿し芽・挿し木などのための組み合わせ

フィルム付きの2個の裏面を利用すれば自由に加工できます。
「注水ノズル」は左右のブロックに振り分けて差し込んでください。
ご参考:
「栽培プランター」はロックウール2個分のスペースがあるので、上記1・2・3の組み合わせも可能です。
例えば「1.大きな植物一株栽培」でも左右どちらかにセットし、もう一方に「2」や「3」を設定すれば「栽培プランター」のスペースを無駄なく有効活用ができます。本装置の構造上、養分の奪い合いや発育根の競合はありません。

「栽培プランター」の下では植物根の成長にとってこの上ない贅沢な培養空間が存在しています。いろいろ工夫して、本装置の限られた栽培スペースを最大限に有効活用してください。








このページのTOPに戻る


■商品一覧■ -Top Page-[ため太郎 サテライト][ため太郎 PRO]噴霧式 [ため太郎 AERO]ドリップ式 [ため太郎 Drip]噴射式 [ため太郎 JET]噴射式 [ため太郎 JET-6][ため太郎 Aqua]質問コーナー [ため太郎 Q&A]外部参考リンク集[ため太郎専用 底面フィルター]自作コーナー [水耕栽培器の自作]自作コーナー [フロートの改造方法]自作コーナー [メタハラ照明の自作]組立式簡易温室特商法に基づく表示(個人情報について)ご注文はこちら

水耕栽培の疑問は「ため太郎 Q&A」をご覧下さい。水気耕栽培とエアロポニックス(AEROPONICS)の仕組みも解説しています。