水耕栽培装置 ため太郎シリーズ Q&A [A-47]

培養水は定期的に交換したほうが良いのでしょうか?

Top Page
■ 商品一覧 ■
水耕栽培装置 ため太郎シリーズ
line
国内初 噴霧式
AEROPONICS 方式
ため太郎 AERO
噴霧式 水耕栽培システム ため太郎 AERO(エアロ)
line
国内初
強制曝気方式採用
ドリップ式
ため太郎 Drip
水耕栽培システム ため太郎 Drip(ドリップ)
line
水気耕栽培装置
国内初
噴射式水耕栽培
ため太郎 JET
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET(ジェット)
ため太郎 JET-6
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET-6(ジェット-6)
line
ため太郎 PRO
水耕栽培セット ため太郎 PRO(プロ)
line
鑑賞用 飼育水槽
ため太郎サテライト
植物観賞用水耕栽培装置 ため太郎 サテライト
line
魚を飼育できる
ため太郎 Aqua
(受注停止中)
line
参考掲載 (非売品)
 ため太郎専用
   底面フィルター
line
ご質問にお答えします
[ため太郎 Q&A]
水耕栽培 ため太郎シリーズ Q&A
line
自作コーナー
水耕栽培器の自作
フロートの改造方法
メタハラ照明の自作
line
att組立式簡易温室
line
外部参考リンク集
line
ご注文
ご注文はこちら
特商法に基づく表示
line
お問い合わせはこちら
Java Applet & Script for after Microsoft IE4.xx
Since:05/01/1997
サイト内検索


A-47 培養水は定期的に交換したほうが良いのでしょうか?

24時間の継続したエアーレーションを行っている限り、培養水は腐敗しないので換水の必要はありません。
通常のメンテナンスは水位計を確認しながら、2週間に一度程度の培養水の注ぎ足しだけで栽培できます。
[AEROPONICS(エアロポニックス)方式]も、水滴落下時に培養水への酸素供給が行われるので同様です。

換水は現在の栽培が終了し、再栽培を開始する際にプランターの洗浄を兼ねて全換水することになります。

■ 栽培途中に換水を必要とするケース
  1. 屋外栽培で外部混入物(枯葉等のゴミ)が多く、培養水の汚れが目立った時
  2. 長期間の栽培で、培養水が劣化した時 (PH値が「酸性」側に極端に下がった時)
  3. 多年草を恒久栽培する時
  4. 栽培植物の成長に異変が起き、肥料濃度が高すぎると判断した時

[付記]
上記以外でも換水自体は栽培に有効ですので換水を否定するものではありません。

[追記]
■「減少した培養液」に対して「正確な濃度(希釈倍数)で肥料を添加」する方法
大きめのペットボトル(2〜4L)で、あらかじめご使用の肥料の希釈倍数に合った〜通常の半分以下(2〜5割程度)の培養液を作り、随時必要量を添加します。

■天板を外さずに全換水する方法
「ため太郎・ため太郎 PRO」では、市販の「手動式灯油ポンプ」を使い、培養液を全排水します。
「手動式灯油ポンプ」は「100円ショップ」でも入手可能です。
また、ドレーンコック装着の「ため太郎 JET・JET-6・AERO」では、取り扱い説明書の「養液の換水方法」に従って行えば、手を濡らすこと無く全換水ができます。

目次に戻る  






■商品一覧■ -Top Page-[ため太郎 サテライト][ため太郎 PRO]噴霧式 [ため太郎 AERO]ドリップ式 [ため太郎 Drip]噴射式 [ため太郎 JET]噴射式 [ため太郎 JET-6][ため太郎 Aqua]質問コーナー [ため太郎 Q&A]外部参考リンク集[ため太郎専用 底面フィルター]自作コーナー [水耕栽培器の自作]自作コーナー [フロートの改造方法]自作コーナー [メタハラ照明の自作]組立式簡易温室特商法に基づく表示(個人情報について)ご注文はこちら

水耕栽培の疑問は「ため太郎 Q&A」をご覧下さい。水気耕栽培とエアロポニックス(AEROPONICS)の仕組みも解説しています。