水耕栽培装置 ため太郎シリーズ Q&A [A-18]

水道水と浄水器の水では、どちらを使用すれば良いのでしょうか?

Top Page
■ 商品一覧 ■
水耕栽培装置 ため太郎シリーズ
line
国内初 噴霧式
AEROPONICS 方式
ため太郎 AERO
噴霧式 水耕栽培システム ため太郎 AERO(エアロ)
line
国内初
強制曝気方式採用
ドリップ式
ため太郎 Drip
水耕栽培システム ため太郎 Drip(ドリップ)
line
水気耕栽培装置
国内初
噴射式水耕栽培
ため太郎 JET
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET(ジェット)
ため太郎 JET-6
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET-6(ジェット-6)
line
ため太郎 PRO
水耕栽培セット ため太郎 PRO(プロ)
line
鑑賞用 飼育水槽
ため太郎サテライト
植物観賞用水耕栽培装置 ため太郎 サテライト
line
魚を飼育できる
ため太郎 Aqua
(受注停止中)
line
参考掲載 (非売品)
 ため太郎専用
   底面フィルター
line
ご質問にお答えします
[ため太郎 Q&A]
水耕栽培 ため太郎シリーズ Q&A
line
自作コーナー
水耕栽培器の自作
フロートの改造方法
メタハラ照明の自作
line
att組立式簡易温室
line
外部参考リンク集
line
ご注文
ご注文はこちら
特商法に基づく表示
line
お問い合わせはこちら
Java Applet & Script for after Microsoft IE4.xx
Since:05/01/1997
サイト内検索


A-18 水道水と浄水器の水では、どちらを使用すれば良いのでしょうか?

迷わず「水道水」をお薦めいたします。
水道水に含まれる塩素は強力で、培養水中の「カビ菌」を含むかなりの範疇の雑菌を滅菌します。また二次的効果として、植物の成育に必要とされる「微量要素の塩素」 (A-13 「肥料」や「活力剤」は何のために使うのですか?) も水道水から供給されます。
なお、水道水中の「人体に無害な程度の塩素濃度」は植物にとっても無害です。

[関連項目]
A-43 井戸水で栽培できますか? また、その場合「塩素」注入の必用がありますか?

[追記]
厚生労働省健康局水道課のリンク先には「水道水中の不純物の許容限度」の記載がありますが、その中には植物が必要とする肥料成分が数種類、掲載されています。もちろん植物栽培にとって「肥料」の代わりになるような影響のある数値ではありませんが、気分的には水耕栽培にとって喜ばしいことかもしれません。


目次に戻る  






■商品一覧■ -Top Page-[ため太郎 サテライト][ため太郎 PRO]噴霧式 [ため太郎 AERO]ドリップ式 [ため太郎 Drip]噴射式 [ため太郎 JET]噴射式 [ため太郎 JET-6][ため太郎 Aqua]質問コーナー [ため太郎 Q&A]外部参考リンク集[ため太郎専用 底面フィルター]自作コーナー [水耕栽培器の自作]自作コーナー [フロートの改造方法]自作コーナー [メタハラ照明の自作]組立式簡易温室特商法に基づく表示(個人情報について)ご注文はこちら

水耕栽培の疑問は「ため太郎 Q&A」をご覧下さい。水気耕栽培とエアロポニックス(AEROPONICS)の仕組みも解説しています。