水耕栽培装置 ため太郎シリーズ Q&A [A-02]

肥料を与える間隔はどれぐらいでしょうか?

Top Page
■ 商品一覧 ■
水耕栽培装置 ため太郎シリーズ
line
国内初 噴霧式
AEROPONICS 方式
ため太郎 AERO
噴霧式 水耕栽培システム ため太郎 AERO(エアロ)
line
国内初
強制曝気方式採用
ドリップ式
ため太郎 Drip
水耕栽培システム ため太郎 Drip(ドリップ)
line
水気耕栽培装置
国内初
噴射式水耕栽培
ため太郎 JET
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET(ジェット)
ため太郎 JET-6
噴射式 水耕栽培キット ため太郎 JET-6(ジェット-6)
line
ため太郎 PRO
水耕栽培セット ため太郎 PRO(プロ)
line
鑑賞用 飼育水槽
ため太郎サテライト
植物観賞用水耕栽培装置 ため太郎 サテライト
line
魚を飼育できる
ため太郎 Aqua
(受注停止中)
line
参考掲載 (非売品)
 ため太郎専用
   底面フィルター
line
ご質問にお答えします
[ため太郎 Q&A]
水耕栽培 ため太郎シリーズ Q&A
line
自作コーナー
水耕栽培器の自作
フロートの改造方法
メタハラ照明の自作
line
att組立式簡易温室
line
外部参考リンク集
line
ご注文
ご注文はこちら
特商法に基づく表示
line
お問い合わせはこちら
Java Applet & Script for after Microsoft IE4.xx
Since:05/01/1997
サイト内検索


A-02 肥料を与える間隔はどれぐらいでしょうか?

肥料の添加間隔は通常2週間に一度です。しかし、栽培対象植物や栽培環境で状況は大きく変わりますので適宜、調整してください。定まったセオリーはありません。

肥料の添加は本来、栽培対象植物の様子を見ながら行うのが基本です。
「様子を見ながら」とは、植物はいきなり枯れるのではなく、枯れる前には必ず成長が止まったり、生気が無くなってきます。長期(数日)の見逃しさえ無ければ、萎れ始めてから対処しても遅くはありません。
「ため太郎」のように24時間強制的に養分補給が行われる環境下では、植物は驚くほどの抵抗力と回復力を保ちます。

例えば小型の観葉植物や東洋ランの種類なら、一般的には1ヶ月に一度で十分です。また果実を実らせるような植物なら、様子を見ながら期間は短め(5日〜7日に一度ぐらい)に少量を追肥します。

本装置の構造上、一度添加した肥料は植物が吸収した量以外は永久にプランター内に残存するので、希釈濃度は「本装置有効培養水量」に対して通常の半分以下(2〜5割程度)で十分です。くれぐれも肥料過多にはご注意ください。

■特記事項■
上記の施肥量で思うような栽培効果が出ない場合は、「自己責任」の上で施肥量を増やしてください。
極論を申し上げれば、「肥料焼けを起こす一歩手前」の施肥量がベストです。

<参考ページ>




[追記]
■「減少した培養液」に対して「正確な濃度(希釈倍数)で肥料を添加」する方法
大きめのペットボトル(2〜3.5L)で、あらかじめご使用の肥料の希釈倍数に合った〜通常の半分以下(2〜5割程度)培養液を作り、随時必要量を添加します。

■天板を外さずに全換水する方法
「ため太郎・ため太郎 PRO」では、市販の「手動式灯油ポンプ」を使い、培養液を全排水します。
「手動式灯油ポンプ」は「100円ショップ」でも入手可能です。
また、ドレーンコック装着の「ため太郎 JET・JET-6・AERO」では、取り扱い説明書の「養液の換水方法」に従って行えば、手を濡らすこと無く全換水ができます。

目次に戻る  






■商品一覧■ -Top Page-[ため太郎 サテライト][ため太郎 PRO]噴霧式 [ため太郎 AERO]ドリップ式 [ため太郎 Drip]噴射式 [ため太郎 JET]噴射式 [ため太郎 JET-6][ため太郎 Aqua]質問コーナー [ため太郎 Q&A]外部参考リンク集[ため太郎専用 底面フィルター]自作コーナー [水耕栽培器の自作]自作コーナー [フロートの改造方法]自作コーナー [メタハラ照明の自作]組立式簡易温室特商法に基づく表示(個人情報について)ご注文はこちら

水耕栽培の疑問は「ため太郎 Q&A」をご覧下さい。水気耕栽培とエアロポニックス(AEROPONICS)の仕組みも解説しています。